今すぐお金借りる

今すぐお金借りる|即日融資で安全に今すぐにお金が借りたい><

このサイトでは・・・このサイトでは、今すぐ安全にお金を借りたい方にむけて以下内容を解説しています。

  • 今すぐお金を借りるおすすめの方法
  • 【最短1時間】即日融資対応おすすめカードローン
  • カードローンの基礎知識
  • お金を借りる様々な方法
  • 避けるべき危険なお金の借り方

結論からお伝えすると、今すぐ最短最速でお金を借りるにはアコムプロミスで借りるのがオススメです。

 

どちらも大手都市銀行がバックにいるので安心ですし、保証人も担保もいらず最短1時間のスピード融資でお金が借りられます。さらに、初回利用の場合30日間無利息なので大変お得に借りられます。

 

・・・詳しくは記事をご覧下さい

 

【即日融資OK!】おすすめカードローンを今すぐ確認>>

 

即日融資で今すぐお金借りるアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

大手消費者金融野中でも老舗企業とも言えるアコムははじめてお金を借りる人がよく利用するとても人気の高いカードローンです。『はじめてのアコム♪』のテレビCMでも有名ですが初回借入なら30日間利息0円でお金が借りられます。

詳細を確認する≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】ならインターネット上の手続きだけで借入までの一連の手続きが完結可能です。審査スピードにも定評があるので、至急お金を用意する必要がある多くの方が利用しています。初回利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細を確認する≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用登録を要します。

 

今すぐお金を借りるなら大手が安心!

 

お金を借りるなら変なトラブルなく安心して借りるためにも信頼できるところで借りたいものです。その点、

 

SMBCグループのプロミス
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム

 

なら、都市銀行系の大手金融グループ企業なので安心して借りられます。

 

即日融資でお金を借りる流れ1.公式サイトを開く(24時間申込みOK!)
消費者金融会社の公式サイトを開きます。

 

2.必要事項を入力する
氏名・住所・メールアドレス等の必要事項の入力をします。

 

3.確認のメールを受信する
申込みを確認するメールを受け取ります。

 

4.本人確認書類を提出する
スマホ・PCなどからメール添付orアップロードなどによって本人確認書類(運転免許証・保険証等)の提出を行います。

 

5.最短30分で審査結果が回答!
審査結果を待つ間、コンビニATM等への移動を済ませておけば時間短縮できてスムーズです。(銀行口座への振込入金による借入も可能です。)

 

即日融資対応の安心カードローンをすぐに確認>>

 

【最短1時間】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結なら申込から借入れまでの一連の手続きすべてがネット上だけで完了できます。手続きをすすめる途中で不明なことがあった場合には遠慮無くオペレーターの方に電話で教えてもらえるので安心です。女性オペレーターが対応するプロミスレディースも男女問わず評判が高いです。

↓※女性でも男性でも利用できます↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日融資ならプロミス!30日間利息0円で利用OK♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。大手都市銀行が後ろにいるので非常に安心感があります。『はじめてのアコム』のキャッチフレーズが示すように、まさに初めてお金を借りる方にうってつけのおすすめのカードローンです。
\最短60分で借入可能!しかも30日間無利息!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時まで(※日曜日は18時まで)に審査・必要書類確認を含む契約手続きを完了すると当日中に振込みでの融資を受けることが可能です。ただし、一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分で借入OK!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる可能性があります。

\多くの30代以上の方が利用されています/

 

今すぐお金借りるなら大手消費者金融がオススメな5つの理由

今すぐ安全にお金を借りるなら、プロミスアコムなどの大手消費者金融がオススメです。

 

なぜかというと、それは以下の5つの理由があるからです。

  1. 最短1時間で借入できる
  2. 銀行に比べ審査に柔軟に対応
  3. 保証人も担保も不要
  4. 大手銀行がバックにいるので安心
  5. 無利息サービス付きでお得

最短1時間で借入できる

大手消費者金融は、どこも借入までのスピードを売りにしている傾向にあります。

 

実際、プロミスアコムでは申込み完了から最短1時間程度借りられます。

 

お金を借りる方法も色々ありますが、大手消費者金融ほどスピード感のあるお金の借り方は他にはほぼないといえます。

 

たとえば、お金の借入先の代表ともいえる銀行ではいくら早くても借入までに数日はかかってしまいます。

 

銀行カードローンは即日融資に対応できない銀行も消費者金融と同様にカードローンを取り扱っています。銀行カードローンでも以前は、即日融資に対応していたのですが、現在では最短でも数日程度は借入までに時間がかかるようになっています。

 

以前、銀行カードローンは暴力団関係者など反社会的勢力への融資が問題になっていました。それを受けて、2018年からは審査の過程で審査対象者に関する情報を警察データベースに照会をかけることが義務づけられました。

 

警察からの回答に最短でも数日程度はかかるので、現在では銀行カードローンは即日融資に対応不可となっています。

 

銀行に比べ審査に柔軟に対応

お金を借りようとする時、まともな借入先なら審査が行われます。審査に通過できないとお金を借りる事はできません。

 

銀行カードローンの場合、審査通過が非常に難しい傾向があり、一般的には年収500万円程度はないと審査通過は困難と言われています。

 

それに対して、大手消費者金融では様々な人の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる傾向があります。実際に、借入希望額によりますが、アルバイト学生やパート勤務の主婦でも審査を通過してお金が借りられる見込みは十分にあります。

 

保証人も担保も不要

お金を借りる方法の中には、保証人や担保を設定する必要のあるものがあります。保証人も担保も、本人が返済不能になってしまったときに、かわりに返済にあてるためのものです。

 

特に、本人が返済出来ないときに、返済を肩代わりする保証人は責任重大な立場ですので、なかなかなってくれる人を探すのは大変です。

 

今すぐにお金を借りたいときに、保証人を探していてはすぐに借りれるものも借りられません。

 

その点、大手消費者金融カードローンなら、保証人も担保も不要でお金が借りられますので、面倒な手続きもなくネット申込みでいますぐお金が借りられます。

 

【最短1時間】今すぐ借りれる安心カードローンをすぐに確認>>

 

大手銀行がバックにいるので安心

お金を借りる時、素性の知れない変なところからお金を借りるのは不安です。お金を借りるなら、信頼できる所から安心して借りたいものです。

 

その点、大手消費者金融は都市銀行系の大手金融グループ企業なので、信頼度抜群で安心して借りられます。

 

大手消費者金融は大手銀行がバックにいる!SMBCグループ

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

新生銀行グループ

 

無利息サービス付きでお得

お金を借りるとき、できることなら損することなくお得に借りたいものです。

 

その点、大手消費者金融の中には初めて利用する方を対象として一定期間無利息でお金が借りられるサービスを実施しているところがあります。無利息サービスを使ってお金を借りて、無利息期間内に全額返済してしまえば完全に無利息でお金を借りることだってできてしまいます。

 

プロミスとアコムの違い

プロミスもアコムもどちらも無利息期間は「30日間」となっています。しかし、プロミスとアコムは無利息期間の開始日が異なっていて、プロミスのほうが有利でオススメです。

 

プロミス
⇒ 初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム
⇒ 契約日の翌日から30日間無利息

以上のことから、もしも契約日と実際に初めてお金を借りる日に何日かでも期間が空く可能性が少しでもあるようなら、プロミスのほうが無利息期間を無駄にせずに済むので有利なのです。

 

今すぐプロミスの詳細を確認>>

 

即日融資で今すぐお金借りるアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

大手消費者金融野中でも老舗企業とも言えるアコムははじめてお金を借りる人がよく利用するとても人気の高いカードローンです。『はじめてのアコム♪』のテレビCMでも有名ですが初回借入なら30日間利息0円でお金が借りられます。

詳細を確認する≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】ならインターネット上の手続きだけで借入までの一連の手続きが完結可能です。審査スピードにも定評があるので、至急お金を用意する必要がある多くの方が利用しています。初回利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細を確認する≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用登録を要します。

 

知っておきたいカードローン基礎知識

ここでは初めてカードローンでお金を借りる人にぜひとも知っておいていただきたいカードローンの基礎知識について紹介します。

  1. 申し込みできる人の条件
  2. 申し込み必要書類
  3. 審査について
  4. 在籍確認について
  5. 借入できる金額(総量規制との関係)
  6. 利息の計算方法
  7. 返済方法

1.申し込みできる人の条件

カードローンに申込みできる人の条件は以下の2つを共に満たすことです。

 

・20歳以上であること
・安定した収入があること

 

お金を借りることは法律上の契約行為に該当します。未成年が契約を行うとあとで取り消すことができますが、そのようなことがないように多くのカードローン会社では20歳以上であることを申込みの要件としています。

 

また、貸し倒れすることのないようきちんと返済能力が求められますが、そのために安定した収入があることも要件となっているのです。

 

「安定した収入」とは?
消費者金融カードローンの場合、借入希望額にもよりますが、そこまで金額は多くなくてもよいので毎月1回以上の収入があることが大切です。

 

大手消費者金融の場合、毎月数万円〜10万円の収入があればパート勤務の主婦やアルバイト学生でも審査通過してお金が借りられる見込みがあります。

 

2.申込み必要書類

消費者金融カードローンでお金を借りる際、申込みに必要となるのは

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

 

※収入証明書は借入希望額50万円以上の場合などのみ。

の2つだけです。

 

(※後述しますが、50万円以下の少額の借入で他社での借入がなければ、運転免許証などの本人確認書類のみでOKです。)

 

本人確認書類

本人確認書類として利用できるのは以下の書類です。

本人確認書類(※プロミスの場合)

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

※有効期限内のものを用意。

 

収入証明書

以下の2つの条件のいずれかに該当する場合

 

・希望借入額が50万円を超える
・希望借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える

 

本人確認書類に加えて、収入証明書が必要です。収入証明書として利用できるのは以下の書類です。

 

収入証明書(※プロミスの場合)

 

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書を用意。

 

3.審査について

カードローンに申し込むと、「本当にこの人に貸してちゃんと返済してくれるか」という視点から、審査が行われます。カードローン会社からしたら、お金を貸して返済して貰えずに貸し倒れになってしまっては、大損害ですのできっちり審査が行われます。

 

審査の対象となるのは、たとえば以下のような項目です。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 住居の所有形態
  • 他社借入状況
  • 過去の延滞・滞納履歴の有無 等

カードローンの審査では、申込時に記載した事項はもちろん、それだけではなく個人信用情報機関に蓄積された個人のローンやクレジットの利用情報も照会して参考にされます。

 

4.在籍確認について

カードローンの審査の過程では、「在籍確認」と呼ばれる手続きが実施されます。

 

在籍確認は、申告した勤務先に確かに在籍して勤務しているかどうかを確認するもので、通常は、申込時に記入した勤務先電話番号に電話をかけて申込み者本人を呼び出すことにより行われます。

 

※在籍確認を書類上で行い、職場への電話をしない業者もあります。(後述)

 

在籍確認はおおよそ以下のような流れで行われます。

 

※在籍確認の流れ(大手消費者金融の場合)

 

タカハシ(カードローン会社の担当者個人名)と申しますが、●●さんはいらっしゃいますか?

はい、私が●●です。

この度はありがとうございます。確認が取れましたので引きつづき手続きを進めてまいります。

わかりました。よろしくお願いします。

 

在籍確認の電話は、以上のような流れで行われます。あくまで、その会社に在籍していることの確認が目的なので、それが達成されれば、あれこれと聞かれることなくあっさりと電話は終了します。

 

そして、大手消費者金融の場合、担当者は業者名を名乗らずに担当者自身の個人名を名乗って電話してきます。大手消費者金融では、会社の同僚に借入をバレたくという利用者の心情に配慮しているため、業者名を名乗らないのです。

 

※銀行カードローンの場合は、銀行名や融資担当者であることを名乗ります。

 

大手消費者金融の在籍確認電話では、一見すると知人や取引先からの電話と見分けが付きませんので、在籍確認の電話でカードローンの利用が会社やその同僚にバレてしまうと言うことはあまりありません。

 

もしも、同僚に「今の電話って何だったの?」と怪しまれたとしても、「クレジットカードの在籍確認でした」と言っておけば、それ以上追求されないはずです。

 

勤務先への在籍確認電話を回避したい方へ

中には、

 

・確実にバレたくないので、在籍確認電話は避けたい
・普段自分宛に電話がかかることはないので怪しまれる

 

といった事情から、在籍確認の電話を回避してお金を借りたいという方もいると思います。

 

そのような方にオススメなのが、SMBCモビットのWEB完結です。SMBCモビットのWEB完結なら、

 

・在籍確認電話なし(書類上のみで在籍確認を実施)
・自宅への郵送物なし

 

なので、会社はもちろん家族にも誰にもバレたくないという方にぴったりです。

 

今すぐSMBCモビットの詳細を確認する>>

 

5.借入できる金額(総量規制との関係)

カードローンでどのくらいの金額までお金が借りられるかは、当然ながら本人の返済能力次第です。収入の多い返済能力の高い方のほうがより多くの金額を借りる事ができます。

 

消費者金融カードローンの場合、貸金業法上の「総量規制」というルールの縛りがありますので、必然的に借りられる金額の上限はその範囲内と言うことになります。

 

総量規制というのは

 

「貸金業者からの借入合計額が年収3分の1の範囲内でしか貸付できない」

 

というルールです。

 

たとえば、年収が300万円の方の場合、各消費者金融合計で100万円が借りられる上限ということになります。ただし、特に初めて利用される場合、いきなり総量規制の上限額付近まで借りられることはありません。

 

6.利息の計算方法

カードローンでお金を借りると、利息がかかります。お金を借りたときにかかる利息は、以下の計算式により自分で計算することが可能です。

利息金額 = 借入額 × 利率 ÷ 365 × 借入日数

 

7.返済方法

各カードローン会社では、返済してもらいやすいように様々な方法が用意されています。各業者により多少異なりますが、たとえばプロミスの場合でいうと以下のような方法があります。

 

※返済方法(プロミスの場合)

  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM
  • コンビ二(マルチメディア端末)
  • 提携ATM
  • 銀行振込
インターネット返済

手数料無料
24時間返済可能

 

スマホやパソコンから、ネット上の手続きによりインターネットバンキングで24時間365日いつでも返済できます。しかも手数料無料です。

 

口フリ(口座振替)

手数料無料

 

銀行口座からの自動引き落としで返済する方法です。口座にお金を置いておけば、返済期日に自動的に引き落としされるので、忘れること亡く確実に返済することが可能です。しかも手数料無料です。

 

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

手数料無料

 

プロミスの店頭窓口で返済する方法です。店頭窓口が営業している平日の日中しか利用できませんが、もちろん手数料無料ですし、あわせて店員の方に返済のついての相談ができるというメリットがあります。

 

プロミスATM

手数料無料

 

プロミスのATMから返済する方法です。深夜の時間帯はATMが稼働していませんが、土日祝日でも返済が可能です。もちろん手数料は無料です。

 

コンビ二(マルチメディア端末)

手数料無料
24時間返済可能

 

身近なコンビ二に設置されたマルチメディア端末から24時間365日いつでも、手数料無料で返済できます。

 

対応するマルチメディア端末は以下の通りです。

 

・ローソンのLoppi
・ミニストップのLoppi
・ファミリーマートのFamiポート

 

提携ATM

プロミスが提携する以下の金融機関のATMからも返済可能です。この方法では手数料が発生します。返済に対応する金融機関のATMは以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • E-net
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
銀行振込

プロミスの指定する銀行口座への振込入金により返済することも可能です。ただし、この方法では利用する金融機関の定める振込手数料がかかります。

 

即日融資で今すぐお金借りるアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

大手消費者金融野中でも老舗企業とも言えるアコムははじめてお金を借りる人がよく利用するとても人気の高いカードローンです。『はじめてのアコム♪』のテレビCMでも有名ですが初回借入なら30日間利息0円でお金が借りられます。

詳細を確認する≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】ならインターネット上の手続きだけで借入までの一連の手続きが完結可能です。審査スピードにも定評があるので、至急お金を用意する必要がある多くの方が利用しています。初回利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細を確認する≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用登録を要します。